みんなの声

VOICE#02

みんなのストレス
(Pyae Phyo Aungさん ,Ye Yint Tunさん )

風景

さん、こんにちは ピェッピョーアウン (Pyae Phyo Aung)です。
現地の日本人と交流し、楽しい日々を過ごしている僕 2018年8月12日
その日、僕が住んでいる阿波池田の地元の方がご自宅に招待してくれました。
日本に来たばかりで、友達も少ないし家族が恋しくて寂しいときに、このような誘いはなんてうれしいことだろう!
それで僕とミャンマー人の友達2人は2駅ほど電車に乗り、祖谷口という駅にやってきました。駅を出て10分くらい歩くと驚くほど感動する風景が見えてきました。

風景

の風景とは、四国で一番長い川と言われている吉野川に、山から流れてきた小さな川が合流して、その真上に吉野川にかかっている大きな青い橋と小川にかかっている小さな赤い橋が並び、それがとても魅力的で素敵な風景になっているのです。
また、橋に向かっている山沿いにある伝統的な日本の家もこの景色のすばらしさをさらに引き立てています。
東京のような大都市ではこのような風景はなかなかないと思いますので、ここは確かにストレスが解消できる場所に違いありません。

風景

を渡って5分くらいすると現地の日本人のお兄さんの家に到着しました。
僕たちが着いたとたん、お兄さんと彼の友達みんなでバーベキューパーティーをするために火を用意したり、必要なものを運んだりして動き始めました。僕らも手伝いました。
すぐにバーベキューパーティーが始まりました。
日本のこと、ミャンマーのこと、お互いの国について話したり、笑い話をしたりして、にぎやかに過ごしました。僕は日本人とミャンマー人の間で「親切さ」は変わらないと実感しました。

風景

バーベキューをお腹いっぱい食べて30分も経たないうちに、日本人のお兄さんがさらに楽しいことを言い出しました。彼の海パンを僕に貸してくれて、「川で泳ごう」と言ってくれたのです。
こんな蒸し暑い真夏の中、冷たい川に入ったら気持ちいいだろうなと僕はずっと考えていました。
願いが叶うってうれしいですね。
最初に川に入るところは浅くて泳げませんでしたが、だんだん深い場所まで行ってみんなで飛び込みをしたり、泳いだり、写真を撮ってりして遊び、本当に楽しい一日でした。

風景

は、日本の各地に滞在しているミャンマーの皆さんもこのような日本の自然の景色がある場所に是非是非行ってみてほしいです。
大都市での生活の厳しさ、仕事のストレスがきっと解消されます。

風景

風景

さん、こんにちは Ye Yint Tunです。私は日本に来て3か月くらいまで楽しくて仕方がなかったのです。5,6か月たってミャンマーから持って来た食材がだんだんなくなってくると、寂しくなってきました。
それがストレスの原因だと思います。
年末やゴールデンウィークみたいな連休に帰国することが楽しみです。
その間は、大阪のジェイサット仲間たちの集会でストレスが解消できます。

風景
風景