みんなの声

VOICE#01

参考になります!!!
(Thet Swe Ooさん, Pyo Nyi Aung さん, Lin Zarchi Tunさん )

風景 会社の同僚と一緒にスキー

さん、こんにちは Thet Swe Oo(テッスェウー) です。
ストレスなんて無視してはいけないことだと私は思います。
私のストレス解消法は食べる・寝る・旅する(Eat, Sleep, Travel)です。
日本の美味しいものを食べて、休みの時にしっかり睡眠をとって時間の余裕があるときに行ったことのない場所に行って、いろいろ体験したほうが非常に面白いと思います。

風景 友達と一緒にキャニオニング

外で一人生活することは寂しいですが、私的な考えではソーシャルメディアも長時間使うことはあまりよくないと思います。時間があるときに電話を切って自然を楽しんだり、好きなスポーツをやったり、観光地に行ったりするのはもっと有意義な過ごし方ではないかと思います。

はピョーニーアウンです。
栃木に住んでいます。日本に来てちょうど1年経ちました。
日本に来てからストレスになるまで困ったことはありませんが、ストレスにならないように努力をしています。
気持ちが苦しいことがあれば、まず「考えすぎない」「マイナスばかり思い込んで落ち込まない」のが大事です。
私は気を楽にして「お笑い番組」を見たり笑ったりして苦しみをなくします。
自分に問題があれば友達と話をしてアドバイスを受けます。ただし、まともなアドバイスよりジョークを言われるのが多くて、「苦痛」が「笑」に変わってしまって、気が楽になり、解決方法が考えられます。 ストレスを感じたら今までやってきた仕事ややることを止めることはなく、ストレスが自分の立場をもっと強くしてくれる「力の元」とみて行動すればいいと思います。

私はこの1年の間、連休があるゴールデンウイーク、夏休み、年末年始に日本国内で働いているジェイサットアカデミーの同級生や先輩、後輩たちと合流して有名な観光地に行きました。とても楽しいし、気分が変わってとてもいいと思います。

風景
風景

さん、こんにちは Lin Zarchi Tun (リンザーチトン ) です。
2016年の夏に日本に来ました。現在は群馬県に住んでいます。
ミャンマーで大学を卒業して社会人になった私は日本で就職先が決まって親元を離れ、今までと違う生活を送り始めました。
以前は帰宅すると晩御飯を作ってくれる母がいましたが、寮生活の今は全てを自分でやらないといけないので大変ですね。

風景

を抱いて母国と違う国で頑張っていることはとても素晴らしいと思います。ですが、その夢に向かっていく道は厳しいです。
家族への想いを大切にするから頑張れますが、一方で職場のルール、言語、人間関係、カルチャーショック等のいろいろな壁にぶつかり、力が抜けて苦しくなることも当然あります。
私は「蓮」が好きで、がっかりするときにいつもこう思います。
「きれいな蓮は臭くてみにくい泥の中から咲き出したことを例え、私たちも蓮のように嫌なことを通り抜けてからでないといいことまで達成できない。」と。

風景

「ストレス」言葉は短いですが、心の問題なのでそれをどうやって乗り越えられるか考えてみました。私たちはロボットではありません。常にモチベーション維持ということも設定できないし、問題があったときや困るときストレスは溜まります。
だからと言って、諦めることはありません。

風景

何とか乗り越える方法を探さないわけにはいかないので私が使っている方法を共有したいと思います。

S = Sleep 睡眠、T = Travel 旅、R = Relax くつろぎ、E = Eat 食、

S = Smile 微笑み、S = Sports スポーツ

風景
S = Sleep 睡眠 睡眠は十分とりましょうね。
T = Travel 旅 旅はいつも出られませんが、お金をためて連休の時に一時帰国する こともできますし、日本国内の友達がいる県で集合して遊ぶことも できます。そのように楽しめばいいです。
R = Relax くつろぎ 旅に行かないときは部屋で本を読んだり、歌を聞いたり、映画を 見たり、重い気分を楽にさせるくつろぎも大事です。
E = Eat 食 料理が得意な人はいろいろ作りますけど、私の場合は給料日に 外食して贅沢しています。
S = Smile 微笑み 気分が悪いときもありますが、頑張って微笑むこと。気が晴れて きます。
S = Sports スポーツ 実は、私はスポーツが苦手なのですが掃除が好きなのでスポーツ の代わりに掃除をしています。部屋がきれいになって気分が良く なります。

人生の道を歩むとき、いろいろな困難や壁は欠かせないものだとわかるようになりました。それらを体験しながら学んで前向きに進んでいくこと。それで人は成長していくのではないかと思います。