日本での生活情報

日本での
生活便利帳

日本の携帯契約事情

1外国人が日本で簡単に携帯を契約できる?

外国人が日本に来てすぐに携帯を契約することは難しい。

理由

必要なものがそろわない。

必要なもの

① 住所入り在留カード

② クレジットカード(デビットカードは×)またはキャッシュカード

③ パスポート

1の在留カードに住所がのっていない場合は、住む町の市役所に転入届を 出したときに、在留カードに住所を記入してもらってからになる。

2のクレジットカードを持っていない場合は、日本の銀行の口座振替に なるため、銀行口座を開いてからになる。

審査基準

携帯会社でも審査内容は知らされていないが、おそらく海外発行クレジットカードの発行会社等がみられているのではないかとのこと。

(同じ国から同じ条件で、クレジットカードの発行会社だけが違った二人がいたが、審査に一人だけ通ったケースがあったとのこと)日本で発行されたクレジットカードは問題はない。

2日本に住んでいるミャンマー人が使っている携帯は?

① ミャンマーから持ってきた携帯を使っている。

② 日本で買った携帯を使っている。


1のミャンマーから持ってきた携帯の場合は、Wi-Fi があるところで使っている。空港は大体Free- Wi-Fi がある。

家にWi-Fi がない場合は、駅やコンビニ、飲食店などのFree- Wi-Fi の場所で 使っている。


家にWi-Fi がない場合は、各携帯会社が扱っているポケットWi-Fi を使っている。

契約は、携帯よりも簡単で、

① 住所が入っている在留カード

② キャッシュカード(銀行の通帳でも可能)

③パスポート

があれば大体契約できる。

料金は、機械を一括で 15000円位 で買い、データ使用無制限で約4000円/月の支払い。

場所によって使用できるものが違ってくるので、電気店で聞くのがよい。

携帯会社のホームページから対応エリアが分かるので、自分で確認するとういう方法もある。

WiMax(ミャンマー人が今よく使っている)などいろんな製品がある。

3携帯の契約の種類は?

携帯の契約には、データ通信のみ と 電話番号を取得するものがある。

データ通信のみの場合

契約料金が安い。

ただし、データ通信のみなので、LINEやMessenger等で連絡はできるが、連絡相手が使っていないと連絡がつかない。会社に電話番号が必要か確認する必要がある。(携帯を会社が用意してくれるのか自分で用意するのかも含めて確認しておくとよい)

電話番号を取得する場合

データ通信のみよりも料金が高くなる。

電話ができるため、困った時など連絡ができるので安心。

尚、空港で販売しているプリペイドSIMは、データ通信と一部音声通話付きSIMがあるが、値段がとても高い。

4携帯をどこで契約するか?

・大きな町だと、ヨドバシカメラ、ヤマダデンキ、ビックカメラなどの家電量販店がほぼ全ての携帯会社を扱っており、競争も激しいので多めの特典(サービス)がつく場合がある。

・大きなショッピングモールには大体販売店が入っているので、住む町の情報を調べておくとよい。

・地方でも必ず販売店はあるの探すこと。

・オンラインからの申し込みだと、事務手数料(3300円)が無料になる場合や、安い契約内容があるがクレジットカードが無いと契約できない場合が多い。

5各携帯会社の契約条件と契約例

外国人でも契約できるが、在留カードに書いてある在留期間が、分割の支払いが終わる期間以上必要。

基本的には端末とセットで購入し、月々端末の分割払いと通信費を支払う。

端末の分割払いが終われば、月々の支払いは通信費のみになる。

また、解約金は1000円以内。

大手携帯会社

au
必要なもの

住所が入っている在留カード (分割払いは2年2ヶ月以上の在留期間が必要)
パスポート
クレジットカード または キャッシュカード
審査が通ったら契約可

Softbank
必要なもの

住所が入っている在留カード(分割払いは支払回数+2ヶ月の在留期間が必要)
パスポート
印鑑(サインでも可)
クレジットカード または キャッシュカード
審査が通ったら契約可

Docomo
必要なもの

住所が入っている在留カード(分割支払いは支払回数+2ヶ月以上の在留期間が必要)
クレジットカード または キャッシュカード
審査が通ったら契約可

6格安SIM

スマホと端末を別々でも契約できる。

オンライン申し込みだが中には、店頭で契約できるところもある。

お勧めは、BIGLOBEモバイル、mineo(マイネオ)、Yモバイルの3社

7SIMとポケットWi-Fiのおすすめプラン!

GTN Mobile (https://gtn-mobile.com/)

日本在住の外国人専用のサービスであり、クレジットカードや銀行口座がなくても契約が可能。

また、複雑な契約はなく、多言語でサポート対応しているため安心して利用できる。

自分のインターネットの使い方や、会社からの支給条件に応じて、下記3つのプランから選べるよう紹介する。

携帯番号が必要でたくさんデータ通信をしたい場合は、SIMカードとポケットWifiをセットで契約すると安くデータ無制限で利用することができる。


契約例

GTN Mobile
プラン GTN PREMIUM NEXT 3GB
(音声+Data SIM)
GTN PREMIUM Data 3GB
(Data SIM)
GTN Wifi
(ポケットWi-Fi)
特徴 電話番号が必要な場合
10分以内国内通話無料!
データ通信のみ利用
050のIP電話番号利用可能
無制限で使えるレンタルWifi
月額 3GB:2,508円(税込)
SMS基本料165円(税込)
ユニバーサル料3円
3GB:1,078円(税込)
SMS基本料165円(税込)
ユニバーサル料3円
4,378円(税込
ユニバーサル料3円
初期費用 手数料3,740円(税込)
送料660円(税込)
手数料3,740円(税込)
送料660円(税込)
手数料3,740円(税込)
送料660円(税込))
初月支払い 6,908円(税込) 5,646円(税込) 14,427円(税込)
翌月以降の支払い 2,676円(税込) 1,246円(税込) 4,381円(税込)
申し込み方法 オンライン申込:在留カードと補助書類(パスポート、保険証)で申込可能
サポート ※日本語、英語で問い合わせ対応可能
支払方法 ①口座引落(翌月27日)②クレジットカード③コンビニ決済
解約料 なし

8.日本にいるミャンマー人の携帯事情

料金と必要性を考えるとWi-Fi だけでよいと考えている人がほとんど。

① ミャンマーから持ってきた携帯をポケットWi-Fi で使っている。
(ポケットWi-Fi 使用料 月額4000円~5000円 )

② 会社から制限付(私用では使わないように)で渡されている。

③ クレジットカード申請してウェブサイトでSIMカード購入して使用している。

理由 : 郵便物の不在届の折り返し電話、遅刻・病気で休みたいときの連絡、万一緊急の 場合に使用する等の目的

④大手携帯会社で契約。しかし、携帯代がかかるのでWi-Fiだけでもよかった。