日本での生活情報

楽しもう!日本の生活を

日本の文化と基本マナー

1日本人とのお付き合いと基本マナー

日本人隣人とのお付き合い

東京は、特に近所付き合いはないが、引っ越しした場合は両隣にタオルなどの手土産を持ってあいさつにいく。

その後は特に何も必要ない。

地方の場合は、引っ越しの挨拶ののち、近所付き合いがあるので顔をなるべく覚えるとよい。

日本での基本マナー

①順番待ち

トイレの順番待ちは必ずトイレの入口に近いところで一列に待ち、空いたら順番に入る。(個室にシャワーポンプがないので、入るときにトイレットペーバーがあるか確認するか、ポケットティッシュを持って入ると安心。)

②食事は残したら失礼

食事は、絶対ではないが、完食できれば一番良い。(残す人もいる)

③お寺、神社でのお参りの仕方(手水の作法)

参拝の場所の近くに石でできた手を洗うところがあるので、ひしゃくで手を洗い清めてから参拝する。

口をすすぐ人もいるが、手だけでいい。

④花とか果物などが道から手の届くところにあっても摘まないように。持ち主に見つかると警察に通報されるかもしれない。

⑤たばこの吸い殻やごみのポイ捨ては絶対にしないこと。見つかったら警察に通報され、罰金を取られる。ごみはごみ箱か、無ければ家に持って帰ること。

2日本の基本社内マナー

① 時間は遅刻には厳しいため、遅刻しないように気を付ける。電車の遅延の場合は遅延証明書をもらうこと。

② 仕事の期限を言われるので、期限を守るよう努力する。もし、期限に間に合わないようならば、ぎりぎりに言うよりも、早めに伝えた方がよい。

③ 言われたことが理解できなかったり、仕事の内容としてできないと思ったときにあいづちを打つと、理解できていると思われたりできると思われたりし、誤解が生じるため、「すみません、もう一度説明してください」「それは、私にはできません」などきちんと伝えなければならない。慣れるまでは必ずメモを取って、わからないところは必ず質問をすること。理解できている、または、できると思われ、結果できなかった時はおこられるので気を付けること。

④ 挨拶と笑顔は大事。日本では、幼稚園から挨拶は教育される。中には、挨拶しない人もいるが気にしないで、挨拶、笑顔は大事にしよう。

⑤ 例えミャンマーで友達だったとしても、会社に入った時期が違った場合は、先輩・後輩の立場になるので、社内では丁寧語で話し、友達のように接っしてはいけない。また、同期でも社内では、友達のように接することをしないで、必ず仕事の場所だということを忘れないこと。

3日本の祝日

冬休みは、大体12月30日から1月3日までがお休みになる。

夏休みは、大体8月の第2週から第3週にかけてお盆といって、一週間お休みなる会社が多い。

日本の祝日一覧

元日

1月1日

成人の日

1月第2月曜日

建国記念日の日

2月11日

春分の日

3月20日か3月21日(太陽が黄経0度の春分点を通過する日)

昭和の日

4月29日

憲法記念日

5月3日

みどりの日

5月4日

こどもの日

5月5日

海の日

7月第3月曜日

敬老の日

9月第3月曜日

秋分の日

9月22日~9月24日の間の1日(太陽が黄経180度の秋分点を通過する日)

体育の日

10月第2月曜日

文化の日

11月3日

勤労感謝の日

11月23日

天皇誕生日

12月23日

4日本のお祭り

日本はお祭りが1年を通して全国各地で行われている。

サイトで「日本のお祭り」で検索すると、有名なお祭りからたくさん候補が出てくるので機会があれば是非見にいくとよい。

夏祭りは花火が多く、秋祭りは神輿を担ぐ祭りが多い。

habit1
habit2
habit3

5日本語クラス

各市町村で在住外国人のために、無料で日本語クラスを開設している場合がある。市役所などのインフォメーションセンターで聞いてみるとよい。

例:東京都国分寺市
  市が運営している生活日本語クラスを無料で週1回平日昼90分開設
  国際ボランティア協会が、無料で週1回の日本語クラスを複数クラス 平日夜間開設

6習い事

市町村が運営している公民館で、民間団体が日本の文化である生け花や日本舞踊や書道など
様々なクラスを開設している。大体が材料代だけでよかったりと安く習うことができる。

power10